フクシマ化学

人を知るPERSON

品質保証部係長 林大樹


Interview No.1

企業の成長に携わることがうれしい。


品質保証部 係長 林 大樹Daiki Hayashi

品質保証部係長 林大樹

高校卒業し、フクシマ化学に入社して14年を迎えた。
第2製造部に配属され13年経ち、品質保証部への配属となる。
第2製造部では、生産性を上げるため、技術要素の確立、作業サイクルの改善を徹底し行ってきた。組立の生産ラインにおいてはここ10年で大きく改善を行ってきた。現在のフクシマ化学の組立生産ラインは彼のノウハウが詰まっている。
品質保証部に配属後、第2製造部で培ってきた技術・経験を武器に社内製造部の不良ロス削減活動を中心とした業務を行っている。顧客との品質トラブルの対策窓口でもある。
そんな彼にフクシマ化学の魅力について話してもらった。

14年間フクシマ化学にいて良かったことは?

「自分は他の企業で働いたことはない。・・・・もちろん辛いこともあった。ただ、企業の成長に携わってこられたというのが今自分が言える喜びです。」

企業の成長とは?

「自分も含め周りが日々の業務改善を行ってきた結果だと思う。挑戦し続ける社風がそうさせているのだと感じます。」

そう語った彼の笑顔には自信と希望で満ち溢れていた。



Interview No.2

何事にも挑戦していきたい。


品質保証部 小森 彩加Ayaka Komori

品質保証部 小森彩加
品質保証部 小森彩加

「はい、フクシマ化学です。」
そう電話応対した彼女。
高校の新卒採用で入社し、まだ3ヶ月経たない彼女の応対は、若さに不相応な余裕さえ感じられる。
4月の入社式を終えた後、第1製造部、第2製造部、生産管理部、営業部のオリエンテーリングを経てついに希望する品質保証部への配属となった。
そんな彼女に、フクシマ化学についてインタビューを行った。

Q.新しい生活にも慣れてきた頃とは思いますが仕事は楽しいですか?

「そうですね。今は業務を覚えることで一杯ですが、仕事はすごく楽しいです。
自部署だけでなく、どの部署の方も丁寧に教えてくれますし。」

Q.年が10近く離れた社員が多く周りを囲んでいますが、コミュニケーションとかで不安はなかったですか?

「そうですね不安は無かったとは言えないですが、業務は業務でしっかりと教えてくれますし、社内イベントも定期的にあって自然と他部署とのコミュニケーションができていくのかなと思います。それに、社内イベントでやったことのない経験もしていきたいと思います。」

Q,やったことのない経験?

「エクシードという社内スポーツクラブを定期的に開催しているみたいで、バドミントンやテニス、卓球とか。
なかなか社会人になると自分で運動もできなくなる人が多いらしいので、是非挑戦してみたいと思います。」

落ち着いた彼女の応対には今後を期待せざるを得ない。

生産管理部 次長 米田 大介


Interview No.3

新システム導入後が楽しみ。


生産管理部 次長 米田 大介Daisuke Yoneda

生産管理部 次長 米田 大介

13時の鈴とともに、毎日この部屋では生産管理部と製造部による生産会議が行われている。
議長を務めるのは生産管理部の部門長である。
生産管理部創設以来、部門長は一度も変わっていない。フクシマ化学に中途採用され数年後、彼の前に大きな壁が立ちはだかった。生産管理部の新設に関しての責任者である。
部署の新設に加え、初の生産管理システムの導入等、課題は多かった。
当初、本当に導入できるのかという不安はあったものの、それでも無事成功させることができたのは、一緒に苦労に付き合ってくれた仲間の支えによるものだったと彼は語ってくれた。

今もまた新しい生産管理システムの導入をされるみたいですが?

「そうですね、新たな生産管理システムの作り込みを行なっており、この新システム更新を境に、大幅に業務のあり方が変わってくる事を想像すると、 これからが非常に楽しみです。」
その言葉からは過去のシステム導入時に抱いた不安は微塵も感じられなかった。

応募するENTRY

*お名前
ふりがな
*TEL
(日中連絡がつく電話番号)
*メールアドレス
*希望する連絡手段
*生年月日
*郵便番号
*住所
*希望職種
自己PR